昨日、夕飯を食べた後、

寝るまでに少し時間があったのでネットで90年代のドラマのことを検索していました。会社の人が90年代のドラマは今のものよりもずっと見応えがあって良かったと言っていたことを思い出し、どういうものがあるのか少し興味があったからです。今でも有名な女優さんが出ているドラマも多々あることが分かりました。そしていくつかのドラマを少しずつ飛ばしながら観たりしましたが、確かに今のドラマより、なぜかハマるような要素を感じましたね。どういう要素かは言葉で説明しにくいですが。とにかく最近のドラマにはない独特な魅力を感じました。PR:ホットクレンジングランキング市販

 

ホットクレンジングランキング市販商品のオススメ

 

それはそれで、ドラマの内容は置いといて、髪型について気づいたことが一つあるのです。やはり90年代と言えば私が生まれた時代なので、今より20年以上前の時代です。当然服装や髪型や持ち物など、今の人たちと違ったりします。髪型のことで思ったのですが、女の人の前髪の在り方ってやっぱり時代と共に変化するものなのですね。今の人たちは絶対にやらないような前髪のスタイルを何度も見かけました。PR:ホットクレンジングランキング市販

 

例えばですけど、安達裕実さんが「家なき子」というドラマに出ていたとき、まだ子どもでしたが、前髪がものすごく薄く梳いてあったので、おでこが全部前髪を通して見えていました。今はそういう前髪の人っていませんよね。今は前髪を短く切っている人の場合、わりと分厚い前髪にする人が多いと思います。PR:ホットクレンジングランキング市販

 

そしてアイドルを見ていて分かりますが、分厚いパッツンスタイルの前髪の場合、右か左の片方の眉毛がかすかに見えるように小さな分け目を一つ作る人が多いです。眉毛を少しだけ見せることによって顔全体をより魅力的に見せるという手みたいですね。AKBなどのアイドルがよくやっているスタイルです。確かに、パッツン前髪にした場合、眉毛が全部隠れているよりは少しだけ、それも片方だけでも見えていた方が好感度が増す気はしますね。PR:ホットクレンジングランキング市販

 

前髪を薄く梳いて、しかもそれを額側に向かってカールするというスタイルはとても90年代っぽいと思いました。もしかしたら私の母も90年代にはそういう前髪にしていたのかもしれません。今度聞いてみようと思います。PR:ホットクレンジングランキング市販

 

前髪って女性にとっては見かけと印象を大きく左右する要素ですから、重視する人が多いと思います。時代によって前髪の流行スタイルも変わって行くのも、きっとその時代の変化を表しているのでしょうね。今の前髪は今の時代のどういうところを表しているのでしょうね。PR:ホットクレンジングランキング市販